敏感肌の改善はまず内的要因を知ることから

近年、年代によらずアレルギー性皮膚炎の人が増えてきています。それに伴い、敏感肌で悩む人の数も増加する一方です。化粧品や空気の汚れ、最近ではPM2.5など、有害物質の飛散も懸念されています。とはいうものの、全ての人がアレルギー体質かというと、決してそういうわけではありません。ここには、何らかの内的要因があると見なすのが、適切かもしれません。

 

まず一番に考慮しなくてはならないのは、飲食いっさいを含む生活全般でしょう。顔や頭皮も全て、体中の皮膚はつながっており、一枚の皮です。そして何らかのダメージを受けた場合は、敏感肌という形で、自分自身の最も弱い部分に反映されます。特に胃腸などの消化器官が疲れて弱まっている時には、まず歴然と顕れやすいといえるでしょう。

 

実際のところ、例えば同じ化粧品を同じように使用しても、寝不足だったり胃腸の調子が悪いなどの時と、万全の健康状態の時とでは、全くの別物のような感触を得られることも、稀ではありません。寝起きの空腹時に、朝食抜きでブラックコーヒーなどは、ご法度です。敏感肌だと感じたら、まずは内的要因を見つけることが先だともいえます。どんな美肌も、健康でなければ生まれることはありません。空腹時には、ホットミルクやヨーグルトなどの乳製品で胃に膜を作ってあげるなどの工夫も、効果があります。