敏感肌化粧品-チーク編

チークは、顔の印象を返る事が出来る優秀なメイクアップ用品ですが、敏感肌の人はチーク選びにも気をつけなければいけません。敏感肌の人が選ぶべきチークとは、どんなものなのでしょうか。また、チークをつける際に気をつける事にはどのようなことがあるのでしょうか。

 

敏感肌の人が選ぶと良いチークなのですが、ラメが入っていないもの、タール色素を使っていないものを選ぶ事をおすすめします。ラメは、肌に当たった時に刺激となるので、敏感肌の人には向いていないです。

 

多くのチークに使われているタール色素は、黒皮症という皮膚炎を引き起こす可能性があるので、敏感肌の人は避けた方がいいのではないかと思います。最近では天然成分のみのチークでも様々な色味のものが販売されているので、以前よりもチーク選びも楽になってきたのではないかと思います。

 

また、敏感肌の人がチーク選びと同様に気をつけなければならない事は、チークをつける時のブラシに関してです。たいていの商品の場合、チークブラシが付属でついてくると思うのですが、付属品のブラシは品質的にも良くないので敏感肌の人は別で買う事をおすすめします。敏感肌の人におすすめのブラシは、毛質が柔らかく、毛先がちくちくしないブラシです。

 

灰リス毛のブラシは柔らかく肌当たりもいいのでオススメのブラシなのですが、なかなか手に入りにくいので、できるだけそれに似たような柔らかいブラシを探すと良いのではないかと思います。ブラシを変えるだけでも、敏感肌の人にとっては劇的な変化になる可能性が高いので、そこまで気を遣うとメイクも楽しくなるのではないかと思います。